木彫刻が欲しい!

April 2nd, 2014

木彫刻を手元にと思っている人もいるのではないでしょうか。
どこかに行って見るのではなく、自分の手元に置いて何時でも好きな時に木彫刻を楽しみたい。
このように思っている人も多いのではないでしょうか。そこでです。
木彫刻はどこで販売されているのかと言えば、実は木彫刻を探すのはそこまで難しい事ではなかったりするのです。
なぜなら、木彫刻はいろいろな所で販売されているのです。
美術展で販売されているとても素晴らしいレベルの木彫刻もあれば、雑貨屋に置いてあるものもありますし、ちょっとした玩具もありますので、どのような木彫刻が欲しいのかによってお店選びも変わってくるものになるのは言うまでもありませんが、木彫刻はそれだけ身近なものだという事が言えるのです。
また、木彫刻をインターネットで求めている人も多いようです。
インターネットの普及は様々な利便性をもたらしてくれるようになりましたが、通販の世界は劇的に変わりましたおかげで、木彫刻を通販で購入している人もとても多いと言われているのです。
ですので、まずは通販を覗いてみるのも良いのかもしれません。
通販で見てから、どのような木彫刻を自分が求めているのかを調べるのも良いでしょうから。

※獅子頭が欲しい

March 19th, 2014

獅子頭が欲しい団体もあるのではないでしょうか。
お祭りの際に獅子頭があると、獅子舞等で盛り上げる事が出来ますからね。
また、お祭りは様々な場所で行われていますので、獅子頭のニーズは実はとても高いものだったりするのです。
この点もまた、なかなか驚かされる部分と言えるかもしれませんが、獅子頭は長い歴史があるのですからそれも当たり前の話と言えるかもしれません。
獅子頭を製造してくれる業者も多いのですが、獅子頭の製造はさすがに一日二日で行えるものではありませんから、それなりの時間がかかります。
一ヶ月程度といったところが平均のようですね。
また、獅子頭には様々な種類がありますので、微妙に期日が異なってくることもありますし、在庫次第ではすぐにでも渡してくれるケースもあるでしょう。
ですからどれくらいの期間がかかるのかは一度業者に確認してみるべきでしょうが、年末はかなり忙しくなる時期ですので、その期間は一ヶ月以上かかるかもしれませんね。

欄間を手で作る時代が終わった?

March 19th, 2014

機能性の所でもお話したように、欄間は元々は機能性ありきで生まれたものなのですが、いつしか芸術性が問われるものになっていきました。
こうした事情というのは欄間の伝統を理解している人であれば当たり前の話しでしかないのですが、これは欄間の製作過程にも同じような現実が起きてしまっているのです。
というのも、かつて欄間は職人が手作業で製作するものでした。
それが当たり前の話だったのですが、昨今、彫刻すら機械で行う事が可能となってしまっていますので、欄間もまた、機械で製作されるようになってしまっているのです。
もちろん全ての欄間ではなく、大量生産のみではありますが、こうした現実に少々落胆している人も多いとされています。
確かに、本来であれば職人が精魂込めて作ったものだからこそ大きな価値があるもの。
そのように思われていたのですが、大量生産のものは機械で作られてしまっているという現実に寂しさを覚えている人は多いでしょうね。
職人の吐息が聞こえてくるかのような雰囲気、それが欄間の魅力だとする人もいたのですが、機械で作っているとなれば、吐息など感じる事は出来ないのも当たり前の話ですよね。
もちろん全ての欄間が機械ではありませんので、職人の吐息を感じる事が出来るような欄間もまだまだあるのですが、大量生産されているものも多々ありますので、むしろ職人が作っている欄間の方が少なくなってしまっている現実があるのです。
機械が悪いということではありません。
機械の方が一度に大量の欄間を製作する事が出来ますからね。ですが、一つ一つ微妙に異なる雰囲気を楽しめるのも手作りの欄間の醍醐味ですので、そうした点で寂しいと感じている人が多いのも事実なのです。

特注もあります

March 4th, 2014

獅子頭は既存のものを注文するケースが多いかもしれませんが、業者によっては特注を受け付けてくれているところもありますので、特注を利用してみるのも良いのではないでしょうか。
特注の方が自分好みの獅子頭を入手する事が出来ますからね。
料金の方は割高になってしまうかもしれませんが、自分が納得の行く獅子頭を入手する事が出来ると考えたら、決して高いものではないのではないでしょうか。
また、特注の場合、やはりかなり力を入れてくれますので、コストパフォーマンスという点では実は決して悪いものではなかったりするのです。
さらに特注の場合、世界に一つだけの、オリジナルな獅子頭を入手する事が出来るのですから、気持ちの面でもいろいろと変わってくるのではないでしょうか。
昔からの伝統ではありますが、伝統だけではなく、どこかオリジナリティを出したいと考えているのであれば、獅子頭を特注で依頼してみるのも決して悪い話ではないのではないでしょうか。

木彫刻を自分で作る

March 4th, 2014

木彫刻を自分で作る事は出来ないものなのか。
多少なりとも木彫刻に興味がある人であればそのような気持ちを抱くのも解らない話しではないのですが、木彫刻を自作するとなると、なかなか大変な部分があるのも事実です。
例えばですが、まずは道具から揃えなければなりません。
まさか自分自身の体で彫刻していく訳にはいかないでしょう。それは無駄なものでしかありません。
自分自身の体をも痛めつけてしまう事になるのですからね。
また、道具だけではなく、センスも必要になってくるでしょう。
木彫刻は芸術でもあるのです。
マニュアル通りに作成するものであったとしても、やはりそれなりのセンス、テクニックが必要になってくるのは言うまでもありません。
それらを持っていなければ木彫刻を自作する事は出来ないでしょうからね。これに関しては慣れの問題もあるでしょうね。
慣れてくれば何となく基本がどのようなものなのか理解する事が出来るようになっていくのではないでしょうか。
ですが、慣れていないと、木彫刻そのものはもちろんですが、そもそも彫刻とはどのようなものなのか。
この部分からいろいろと考慮しなければならないのですから大変です。
こうした点をクリアー出来て初めて木彫刻を楽しむ事が出来るでしょう。
簡単な話しではないかもしれませんが、木彫刻の世界だけではなく、芸術の世界というのは厳しい世界でもありますので、そうした要求もある意味当たり前の話しなのではないでしょうか。

欄間の作り方を知りたい

March 4th, 2014

欄間の作り方に興味がある人もいるのではないでしょうか。
欄間の作り方は多種多様なものですが、これは時代によって変わるものだとも言えるでしょう。
かつては当然ですが全て手作業で行われていたものです。
何せ機械などない時代だったのですから当たり前です。
職人が一つ一つ手作業で作っていたものだからこそ、欄間の価値がとても高いものだったとも言えるでしょう。有名な職人の欄間ともなれば、大きなステータスとなっていたものです。
ですが、機械の登場のおかげで、簡単な欄間であれば機械で作れてしまう時代となってしまったのです。
そのような時代になってしまって寂しさを感じている人もいるかもしれませんが、一方でまだまだ職人が手作業で丹精込めて製作しているものも多々あります。
そうした欄間というのはやはり雰囲気が違います。
もちろんどちらが良いのかというのは価値観次第ですし、それぞれメリットが異なります。
作る側からすれば、機械に任せれば短時間で大量生産が可能ですが、手作業の場合、大変ではありますが自分自身の芸術をしっかりと表現した作品を作る事が出来るでしょう。
どちらが良いのかというのは一概には言えない部分です。
ニーズによっても異なるでしょう。
ちょっとしたイベントであれば大量生産の欄間で十分でしょうが、憧れのマイホームの和室に欄間をと思っているのであれば、やはり職人さんお手製の、世界に一つだけの欄間が欲しいと思うのではないでしょうか。
この点に関しては、やはり人それぞれといったところでしょうか。
*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*
購入をお考えの方へ
欄間販売

楽しみ方は自由です

December 25th, 2013

木彫刻が人気を集めている理由はいろいろとありますが、どのように楽しむのかは基本的に自由です。
自分自身で製作してみるのも良いでしょうし、見て楽しむだけでも良いでしょう。
インターネットで木彫刻の作品を見ているだけではあっても、それはそれで木彫刻を楽しんでいるという点は変わらないのではないでしょうか。
特にインターネット時代と呼ばれている昨今。
いろいろな面が問われています。
情報がとても迅速なものになっていますので、木彫刻に関しても情報が早く行き渡るものです。
ですので、木彫刻をと考えているのであればインターネットを活用してみるのも良いでしょう。
例えば先にお話した展覧会にしても、インターネットを駆使すればいつどこで開催されているのかも解るでしょう。
むしろインターネットを活用しなければそうした事がどこで開催されているのかすら解らないのではないでしょうか。
より木彫刻の世界を楽しむためにはインターネットを有効活用しなければならないのは言うまでもないでしょう。
楽しみ方は自由ではありますがインターネットを活用し、木彫刻の知識を深めてみるのもそれはそれでとても大切な話しなのではないでしょうか。
これは木彫刻に限った話ではありませんが、物事をより深く楽しむためには、物事への知識・理解を深める必要があるのは言うまでもないですからね。
ですので、木彫刻の事もいろいろと調べた上で楽しむのが良いのではないでしょうか。
=========================================================
購入はコチラから
木彫刻 販売
=========================================================

木彫刻が機械で?

December 25th, 2013

かつて木彫刻と言えば職人が自分自身の手で作成するものでした。
精魂込めて掘っていく。
そこに木彫刻の神秘性があったと言っても過言ではないでしょう。
大量生産出来ないアイテム。そんな浪漫があるのが木彫刻だったのですが、昨今、木彫刻のための機械も登場しているのです。
どのようなものであっても、やはり機械の能力は人間の能力を凌駕しているものです。
機械を作り、操作するのは人間ではありますが、単純な作業という面だけで考えたら、やはり機械の方が素晴らしい力を持っているのも事実です。
そのおかげで助かっているジャンルもあるでしょう。
ですが、一方ではそのおかげで人間味が損なわれているのではないかと危惧する声もあるのです。
確かに、木彫刻を機械が作っているとなると、少々味気なく感じてしまう部分もあるかもしれません。
「え!?」と憤る方もいるかもしれません。
ですが、機械が作ってくれているからこそ、大量生産が可能になっているケースもありますし、同じ物を何個も作る事が出来るとも言えるでしょう。
職人が作る木彫刻は、精魂込められたものではあるのですが、時に同じものではなく、微妙に違っていたりするものです。
芸術という観点から考えると、それは悪いものではないのですが、商品化して大量生産して販売したいと考えている人たちからすると、職人の言うなれば「感覚」よりも機械の精密さの方が頼りに成るという事なのでしょう。
ある意味仕方ない話しではありますが、その点に関して残念に思っている人は多いと言われています。

欄間を見てみよう

December 25th, 2013

欄間は実際に見てみるに限ります。
この「実際に」というのはインターネットで画像で見るのではなく、実物を自分の目で見てみる事です。
一般家庭まで押入れという事ではなく、展示会ですとか、あるいは欄間が残されている遺産ですとか、飾られている美術館に足を運んでみるのが良いのではないでしょうか。
そこでいろいろな欄間を見る事が出来ますし、いろいろな欄間を見る事で価値観も広がっていくのではないでしょうか。
また、そこで欄間の魅力にハマるという人も珍しくないとされていますので、まずはいろいろな欄間を見る機会そのものを作ってみるのも良いのではないでしょうか。
以前であれば欄間は家にあるという人も多かったでしょう。
ですが昨今は洋室の方が多くなってしまっていますので、めったに欄間を見かけなくなってしまったと嘆いている人も多いのではないでしょうか。
これは仕方ない話ではありますが、日常生活で欄間に接する機会がないのであれば、接する事が出来る機会を作るしかないですからね。
一度生の欄間を見てみる事で、聞いているのとは違うものだという事に気付かされるでしょう。
実はとても緻密なもので、スペースを埋めるためだけのものではなく、まさに芸術と言っても過言ではないものだという事に気付かされるでしょうから、まずは欄間は実物を見てみるとしましょう。
このように書くと大げさなものに聞こえてしまうかもしれません。
ですが、田舎の実家に欄間があるというケースも多いですから、決して遠い存在というほどのものではありませんので、実家や祖父母の家をチェックしてみるのも良いのではないでしょうか。

レンタルも出来ますよ

October 31st, 2013

獅子頭は欲しい。購入したい。
でも予算的な問題で獅子頭を購入するのはなかなか難しい。
お祭りがあるから是非とも用意しておきたいものの、予算の面で泣く泣く諦めざるを得ない。
せっかくのお祭りなのだからと思っても、現実問題予算がなければ獅子頭を用意する事は出来ませんからね。
ですがそのような悩みを抱えていても、獅子頭を用意する事は実は可能だったりするのです。それはレンタルです。
レンタルという手法に頼れば、実は獅子頭を用意する事が出来るのです。
レンタルがどのようなシステムなのかはわざわざ説明するまでもないでしょう。
レンタルで獅子頭を用意すれば、購入するよりも格安で、さらには必要な時だけ利用する事が出来ますので、経済的でしょう。
また、レンタルであればメンテナンスも必要ありません。
保管の際に気をつけなければならない事もそうそうありませんので、実はレンタルの方がいろんな意味で効率が良かったりしますので、獅子頭はレンタルにしてみるのも良いのではないでしょうか。